このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

ここでは、命を守る木のご説明をさせていただきます。
スウェーデンハウスではその名のとおりスウェーデンから木材を輸入しています。 スウェーデンでは森林保護法で70歳以下の木が切れません。 木の年齢が家の耐久年数に比例するともいわれますが、 日本の家は、平均で27.3年で建替えですが、スウェーデンでは、89.9年と、約3倍長持ちします。
もっとすごいことは含水率(木の中に含まれる水分量)です。 日本では、JASが管理して水分量は19%で合格ですが、スウェーデンでは、T規格により15%まで乾燥させることにより、木の強度が高まります。このような年輪の詰まった木をふんだんに使うことで、頑丈な家となりますので、100年に一度のような大型地震でも安心です。